April 22, 2008

Happy Earth Day!?


今朝会社に着くと、受付の女性から"Happy Earth Day!"と言われました。朝一で寝ぼけていたのか、しっかり聞き取れず"Who's birthday, me or you?"などととんちんかんなコトを言い返したら、"NO, EARTH DAY!"と言われました。そうか、今日は Earth Dayなんだ。と朝テレビで言っていたことを思い出したわけです。

さて、このEarth Day。ニューヨーク15年になりますが、今年初めて聞きました。Wikipediaで調べてみると、こんなことが書かれてました。さかのぼれば1969年に4月22日をEarth Dayとして決めていたようですね。写真は、僕のランチ場所となっているWhole Foodsにて、Earth Dayを記念し再生生地の袋を無料で配っていたのでもらったものです。

つい先日のブログでも書いたのですが、ここ最近のニューヨーク、アメリカの「グリーン」ブームの勢いはかなりのものです。停滞気味の経済の真の活性剤としてなのか、はたまた真剣にここの国民が環境を考えているのか、僕には両方とも眉唾にしか思えないのですが、こうして「イベント化」することは本当に上手な人達なんだということはクリアです。市民生活の根底から発想があり普通にこなしている欧州や日本に比べ、本質はさておき「ブランディング=記号化」することから着手する国民なんだよな。と再認識しました。ちなみに、"How old is she?"という質問を受付の女性にしてみましたが、答えは"Very Old"でした。

1 comment:

Kazuma said...

アメリカのグリーンブームは台頭する中国への牽制だったりしないかな?と勘ぐっています。
 先週末は長野で北京五輪の聖火リレーでしたが、中国人がコースに大挙していたようです。自分の国が正しいことを国外で声高らかに訴えるバイタリティが我が国への脅威に感じました。
 飛躍しすぎたみたいです。